道路族の騒音トラブルを安全に解決する窓の防音対策

道路族の騒音トラブルを安全に解決する方法

騒音イメージ

写真はイメージです。

このページの目次

  1. 道路族トラブルとは?
  2. 道路族トラブルにはどんな被害があるの?
  3. 道路族は注意しないほうが良い?
  4. ご自宅でできる安全な道路族の騒音対策
  5. 窓の防音対策でお悩みを解決された方の事例

道路族トラブルとは?

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の発令で、外出自粛、休校措置、レジャー施設や公園の休業が余儀なくされ、コロナ後に、より顕著化しているのが、住宅街の路上や駐車場などで遊ぶ子どもや大人たちによる騒音の問題です。騒音だけでなく、住居への不法侵入や、器物損壊なども起こっているようです。

この住宅地の路上や駐車場で迷惑行為を繰り返す子どもや大人たちのことを『道路族』と呼ぶそうです。

この道路族の迷惑行為は、新型コロナ以前から問題視されていて、その迷惑行為に悩まされている方は年々増えているようです。

道路族の専門サイトや道路族の迷惑エリアを記したマップサイトもあるようです。

道路族関連サイト

弊社のお客様にも道路族の迷惑行為に悩まされているという方がいらっしゃって、その方によると、「雨の日が唯一の安らぎになっている」ということらしいです。本当にお悩みは深刻のようです。

そのような背景を耳にして、サン・ウインドとして「何かお助けとなることはできないか?」と思い、道路族の迷惑行為に悩まされている方へ、住宅の防音対策の専門家として、道路族の騒音対策を考えてみました。

このページで道路族の騒音のお悩みを少しでも解決するきっかけにしていただけたら幸いです。

道路族のトラブルにはどんな被害があるの?

道路族のトラブルにはこんな被害があるようです。

• 子どもが鬼ごっこやかくれんぼなどで走り回り、大きな声で騒ぐ、住居に不法侵入する
• 子どもがスケボーやローラーブレードなどの乗り物を乗り回す走行音
• 子どもがボール遊びで近所の駐車場の車や家の壁などにぶつける
• 道路上での親たちの井戸端会議
• 遅い時間までバーベキューを楽しむ集団
• 道路上で花火をする集団

非常識な迷惑行為をしているにもかかわらず、本人たちに罪の意識はないらしく、特に親の方が他人や周囲に配慮できない、『大人になりきれていない人』が多くなって来ていることが問題だそうです。

道路族は注意しないほうが良い?

行政や警察や学校に言って解決を試みても、注意してくれたり対応はしてくれるそうですが、それで一時期は「大人しくなったかな?」と思っていると、しばらく経つとまた元どおりになるそうです。

道路族本人に注意して、解決を試みた方もいらっしゃるようです。

でも、それらの解決方法はやっぱりオススメできません

京都市の実例で、道路族に注意したことがきっかけで逆ギレされ、何度も何度も執拗に嫌がらせをされて、心療内科に通うほど、精神的ダメージを受けているという方もいらっしゃるようです。

TVで紹介された道路族トラブル動画

やっぱり、道路族に注意したり、やめさせようとするのは、注意する人だけがどんどん精神的に疲弊してしまいます。

道路族が他人や周囲にに配慮できない、大人になり切れていない人だとすると、延々に嫌がらせをされる可能性が高いですし、どんどんエスカレートして身の危険に及ぶ事態にもなりかねません。

相手が悪いのですが、相手を変えようとするのは一番労力が掛かります。結局自分が一番被害を被ることになってしまいます。

残念ながら、そういう人は一生そういう人のままだと思ったほうが賢明かもしれません。

それに、近所なので、毎日顔を合わせることになりますし、毎日の時間が憂鬱な時間になってしまいます。

引っ越してきたばかりの方だと、簡単に引っ越すこともできないでしょうし。

ご自宅でできる安全な道路族の騒音対策

なので、私たちのオススメは、自宅でできる騒音対策をするということです。

安全な解決方法は、相手の騒音をやめさせようとするのではなく、相手の騒音が気にならないぐらいシャットアウトすることです。それが大人の対策だと思います。

ではどのように対策するかというと、窓の防音対策です。

防音対策って、防音壁や天井、床など部屋全体の工事を想像されるかもしれませんが、実は、窓だけを防音するという方法があって、その窓の防音が一番効果が高かったりします。

窓の防音対策は思っている以上に手軽にできて、ご自宅の既存窓はそのままに、内側にもう一つ窓をつけて、二重窓にするという方法です。

内窓(二重サッシ・二重窓)で騒音対策

内窓(二重サッシ・二重窓)は防音・断熱効果に優れた手段です

窓の内側のスペースに内窓(二重サッシ・二重窓)を取り付けることで、既存の窓ガラス・サッシはそのままで二重窓にすることができ、割と手軽に、透過音と隙間音の両方の防音対策を高めることができます。

インナーサッシ(内窓)を取り付けて二重窓にする
メリット
  • 透過音(二重窓になる)と隙間音(インナーサッシ)の両方の防音対策が可能
  • 費用が選択可能
  • 今のサッシと窓ガラスはそのままで取り付け可能
  • マンションでも届け出無しで取り付け可能
デメリット
  • 二重窓になるので窓の開け閉めが面倒
  • 二重窓のスペースが必要

内窓(二重サッシ・二重窓)は、

  1. ピッタリ隙間なく収まる反発性のある樹脂製枠
  2. 気密性を持たせたサッシの可動部

を用いていますので、サッシだけでも防音効果があるのですが、

内窓として取り付けることで、外窓との間に空気層が生まれ、高い防音効果が期待できます


また、防音性能のあるガラスに取り付け・交換することで、さらに高い防音効果が期待できます。

内窓(二重窓)の遮音効果の実証動画

防音内窓について詳しくはこちらのページをご覧ください

窓の防音対策でお悩みを解決された方の事例

すでに、同じような悩みをされていた方が、窓の防音対策をご利用になって、解決された事例がたくさんあります。

※以下クリックすると事例がご覧いただけます

  1. お隣の車のエンジン音がうるさくて…大阪府阿倍野区 Y様邸
  2. 隣の家の騒音をなんとかしたくて…滋賀県草津市 N様邸
  3. 外のエレベーター音・人の足音・話し声がうるさくて眠れない…京都市中京区 M様邸
  4. 民泊経営で立地が観光地なのでバスや人通りの騒音を抑えたい…京都市西京区 T様邸
  5. 近隣の生活音がうるさくて、生活に支障がでる!…大阪府堺市 H様邸

他にも、

などの多数のお悩みを窓の防音対策で解決された方がいらっしゃいます。

※下のお客様の事例名、画像をクリックすると導入事例&お客様の声がご覧になれます。

他にも、窓の防音対策をご利用になった事例

窓の防音対策をすることで、機密性が高まります。防音効果だけでなく、冬の寒さが解消されたり、暖房費用が抑えられたり、結露軽減など、断熱効果や防犯効果も期待できます。

窓の防音対策は、費用もお客さまの要望に合わせて選択できますし、工事も短時間で終わります。

さあ、あなたも、1日も早く、道路族の騒音を、窓の防音対策でシャットアウトして、あなたの静かな時間を取り戻しませんか?

ぜひお気軽にご相談くださいませ。

窓の防音対策のお問い合わせ

お電話のお問い合わせは
受付時間 9:00〜17:00(月〜金)
フリーコール 0800-080-1400

FAXでのお問い合わせは
受付時間 365日 24時間いつでもOK

0774-51-5195

「サン・ウインドのホームページを見た」と言っていただけるとスムーズです。

防音対策のお問い合わせフォームはこちら

△ このページのトップに戻る

△ ホームに戻る

サン・ウインドのお問い合わせ
新築や住宅改修の補助金制度について
TV・新聞メディア紹介
お客さま防音相談室 LINEグループ おとのほんね

サービスメニュー

サービスについて

会社情報