京都府宇治市 窓ガラス・サッシからできる省エネ・節電対策のサン・ウインド

「窓」からできる暮らしと地球にやさしい生活


「窓ガラス・サッシ」からできる省エネ

ご家庭の財布に直結する省エネ

生活の身近な部分の話ですが・・・
現代人の生活に、もはや欠かすことのできないエネルギーの一つとして電気があります。
その電気の料金システムがどうなっているのかご存知でしたか?

1.電気使用量:15kWh~120kWh⇒電気料金:18円13銭/1kWh 2.電気使用量:120kWh~300kWh⇒電気料金:23円32銭/1kWh 3.電気使用量:300kWh~⇒電気料金:24円65銭/1kWh ※ 関西電力ホームページ 平成18年4月以降の料金メニューより

驚きでしょう?・・・使用量が増えるほど料金が高くなっていますよね。
電気料金は使えば使うほど高くなるのです。

ご家庭のお財布のことを考えても、省エネは取り組みたい問題ですね。

日本のエネルギー消費量の内わけ

エネルギー消費の構成比

日本のエネルギー消費量の内わけのトップは工場で半分の50%を占めています。

4分の1の25%を自動車、残りの4分の1の25%を建物が占めています。

建物の半分が店舗・オフィスなど共用物件、残りの半分が家庭です。

家電製品の性能の向上や大型化、各家庭の核家族化も家庭のエネルギー消費量の増加に滑車をかけています。

4人で暮していた家族が2人ずつで別れて暮すとエネルギーの消費量は1.4倍ほどになります。こんな現代ですから、各ご家庭一世帯一世帯が行う省エネの影響は大きいのです。

家庭のエネルギー消費の内わけ

エネルギー消費の構成比

家庭での用途別エネルギー消費量の中で一番多いのは電気、ガスを合わせて給湯で28%。冷暖房はそれに匹敵する27%を占めています。

夏冬通して多くのエネルギー消費量を占めているのが冷暖房なのです。


省エネルギー住宅の考え方

省エネ住宅というのは夏の暑さや、冬の寒さなどを我慢するということではなく、夏でも冬でも快適な住まいにすることが目的です。

夏は外の熱気を遮断し、できるだけ涼しくする。
冬は外の冷たい空気を遮断し、暖気を逃さない。

冷暖房の必要な夏と冬は家を閉じて、気候がおだやかな春と秋は家をオープンにする。これが省エネルギー住宅の基本的な考え方です。

典型的な日本の家屋は昔からオープンにする(換気)のは得意だが、閉じるのは不向きな(気密性が低い)構造になっています。

ですから今までの日本の住宅は省エネ性能が非常に悪かったのです。

省エネルギー住宅の条件

1.断熱・・・厚い断熱材で家全体を包み、断熱性能を高めます。2.気密・・・家の隙間を無くして隙間風を無くしエネルギーの無駄を省きます。3.換気・・・よどみがちな空気を計画的な換気で健康的な住まい作りをコントロールします。

断熱・気密・換気。この3つが家の大きなコントロール要素です。

省エネルギー住宅のメリット

省エネルギー住宅にすることによって得られるメリットは次の4つです。

1.快適・・・少ない冷暖房エネルギーで一年を通して快適に過ごせます2.省エネルギー・・・冷暖房費の節約になります3.健康・・・結露・カビ・ダニを抑制し、ヒートショックによるストレス・負担の軽減4.耐久性・・・結露・木材の腐朽・建材の劣化を抑制します


「窓ガラス・サッシ」による省エネで地球環境を守る

地球温暖化を防ぐ

現代社会の我々の暮らしは非常に便利で豊かなものになりました。しかし、その代償として美しい地球環境を破壊していってしまいました。

最近では地球温暖化が国際社会でも問題とされるようになってきました。しかし、問題とされてはいるもののなかなか対策が進んでいないのが現状です。

現在の地球の表面温度の平均気温は15℃で過去100年間で0.6℃上昇しています。このまま行けば計算上今から100年後は6℃上がることになってしまいます。

氷河期でも現在から2、3℃低かっただけだそうです。

このことから考えてもこれからの地球が大変なことになるのは容易に察することができるでしょう。

もしこのままの状態で地球温暖化が進んでいくと、地球環境はどうなっていくのでしょうか?考えるのも恐ろしくなってきますよね。

省エネを実現する効果的な手段・・・

我々の暮らしをより豊かなものにするためにも、これから未来へ生きていく子供たちのためにも一人一人が地球の環境を考え、省エネを実現しなければならない時代なのではないでしょうか?

省エネを実現することでこんなことが実現します・・・

お財布にゆとりのある暮らし
お財布にゆとりのある暮らし

美しい地球環境の保護
美しい地球環境の保護

では実際に・・・お財布にゆとりのある暮らしのために、美しい地球環境のために、省エネを実現できる効果的な手段って中々思いつかないものです。

でも実は・・・ご家庭の「窓ガラス・サッシ」からできる省エネの手段があるのです。

「窓ガラス・サッシ」の断熱・遮熱で、結露・省エネ対策

窓ガラス・サッシで断熱すると、結露が減り、省エネにつながる

窓ガラス・サッシで家をしっかり断熱すると結露は起こらないのです。
結露が起こるところは、外の冷たい空気の影響を室内で一番受けやすいところです。

ですから、一般的に断熱材の入っている壁より、入っていない窓ガラス・サッシに結露が起こるのです。家の中で一番断熱性能が悪いのが窓ガラス・サッシなのです。

家の断熱化が進んできている中で、窓ガラス・サッシの断熱化は一番遅れています。

「窓ガラス・サッシ」は断熱性、気密性が低い箇所ですので、熱の出入りが多くなります。ですから、「窓ガラス・サッシ」は住宅における冷暖房のエネルギー消費量に大きな影響を与えています。

夏の冷房時に外からの熱が入ってくる割合は71%、冬の暖房時に熱が流失する割合は48%にも上ります。

夏の冷房時に開口部から熱が入る割合 71%

冬の暖房時に開口部から熱が流失する割合 48%

これらのことからも省エネを実現するために、「窓ガラス・サッシ」による断熱・遮熱性能が大きく関係してくることがおわかりいただけたと思います。

あなたのご家庭にも断熱・遮熱性能の優れた「窓ガラス・サッシ」があれば良いと思いませんか?

断熱・遮熱性能の優れた「窓ガラス・サッシ」について知りたい方はこちらから・・・

お問い合わせ・お見積りはお気軽にどうぞ

△ このページのトップに戻る

△ ホームに戻る

サン・ウインドのお問い合わせ
新築や住宅改修の補助金制度について
TV・新聞メディア紹介

サービスメニュー

サービスについて

会社情報