京都・大阪・滋賀の防音対策工事・リフォーム、内窓プラスト取付施工店のサン・ウインド

窓ガラス・サッシからできる防音対策

防音内窓プラストの「閉めた瞬間の静けさ」を一度体験してみてください。

内窓プラスト設置前は・・・

外の音に意識集中
窓を開けた時、外窓だけを閉めた時は、
外の騒音に意識集中

内窓プラスト設置後は・・・

ピタっ!
内窓プラストを閉めた瞬間、
部屋の中の静けさに意識が移動!

※ 画像ははめ込み合成のイメージでございます。

内窓プラストを閉めた瞬間の その感じ 部屋の静けさに意識が移動。 空気が変化した感じ。 この体験をされた皆様は、一様に「すごいね!」って感動されます。

内窓プラスト設置後の防音効果測定映像

下のユーチューブは、弊社のあるお客様宅で内窓プラスト設置後の防音効果測定を撮影させていただいた映像です。

内窓プラスト設置後の静けさに感動されたお客様の感想

お客様情報

大阪府吹田市 マンション住まいの30代 女性

マンションの目の前が公園。マンションとはいえ部屋は2Fなので子供たちが遊んでいると、賑やかな声が気になる。自宅で仕事することがあるのだが、外の音が気になって集中することができない。

お客様の感想

感動しました!

引っ越しも真剣に考えていましたが、その必要がなくなり本当に助かりました。

工事を依頼する前は、正直効果に関して半信半疑でした。けれど、内窓プラストを取り付けてもらって、ピタッと閉めた時の感動は今でも忘れられません。

内窓プラストを設置することで、外からの音量が小さくなれば良いなと思っていたのですが、 その効果は想像を大きく超えていました。

開いていた内窓プラストの窓を閉めた瞬間、私の部屋の空気(雰囲気)がガラッと変わりました。

窓から見える公園で楽しそうに遊ぶ子供たちは、内窓プラストを閉めると同時に、ほぼ無音の映像となりました。

そうなることで、自分は今〝部屋の中〟に居るということを強く感じ、目の前の公園の光景はこれまでよりずっと遠くに感じることができました。

内窓プラストを閉めることで、静かな空間をつくることができるようになったので、日々のストレスは大きく解消されました。

このマンションで暮らす前では当たり前の環境でしたが、忘れかけていた感覚です。この環境を取り戻すことができて、本当に感謝しております。

>> 内窓プラストの詳細はこちらをご覧ください。

内窓(二重サッシ・二重窓)の遮音効果の実証

TVで紹介されたサン・ウインド 内窓(二重窓)の遮音効果の実証
KBS京都テレビ情報バラエティ番組「京bizS」より

↑↑↑↑プレーヤーの再生ボタンクリックでムービーが開始いたします。

内窓(二重窓)の遮音効果の実証

TVで紹介されたサン・ウインド 内窓(二重窓)の遮音効果の実証
KBS京都テレビ情報バラエティ番組「京bizS」より

「窓ガラス・サッシ」による正しい防音対策

「窓ガラス・サッシ」の専門家であるサン・ウインド株式会社 代表 高橋秀直から、「窓ガラス・サッシ」からできる「正しい防音対策」についてお伝えしたいと思います。

さあ、「窓ガラス・サッシ」からできる「正しい防音対策」について知ることで
お客さまの暮らしにどんな喜びが訪れるのでしょうか?



代表取締役 高橋秀直がお伝えする「正しい防音対策」

内窓(二重サッシ・二重窓)の防音効果実験

内窓(二重サッシ・二重窓)の防音効果実験1…道路(自動車)の騒音

内窓(二重サッシ・二重窓)の防音効果実験2…防犯ブザーを使用

内窓(二重サッシ・二重窓)の防音効果実験3…騒音計を使用

56.3dB ⇒ 33.4dB(最大41%騒音カット)

>> 導入事例はこちら

>> お客さまの声はこちら

防音対策ページ 目次

  1. なぜ今、防音対策が求められているのか?
  2. 「窓ガラス・サッシ」による正しい防音対策とは?
  3. 「窓ガラス・サッシ」による防音対策の3つの方法とは?
  4. 内窓プラストは防音効果に最も優れた内窓です。
  5. 内窓プラスト&防音合せガラスソノグラスの組み合せでさらに防音性能アップ!!
  6. 窓のプロとしての内窓(二重サッシ・二重窓)取付け調整ポイント
  7. 思った防音効果を実現していただくために


なぜ今、防音対策が求められているのか?

日本では昔から、木と土と紙から造られる家の文化がありました。

住宅の構造上、音は筒抜けするものとして、「ご近所の様子がわかり、ご近所の人も我が家のことを知っている」お互いにそれを容認しているといった文化がありました。

時代は流れ、現代の住宅は(中途半端に)気密性が向上し、窓を閉めればそこそこ音をシャットアウトできます。

さらに、核家族化・少子化が進み、近隣の方との関係もだんだん希薄になり、特にマンションなどでは、「周りにどんな人が住んでいるのか知らない」ということも普通になってきました。

【楽器の音】お子さんのピアノの練習など楽器の音漏れが気になる【ペットの鳴き声】犬猫などペットの鳴き声が漏れるのが気になる【電車・道路の車の音】電車・道路の車の音が気になって寝られない

今は誰にも相談できないようなご近所さんの生活音のお困り、お悩みも増えてまいりました。

さらに、上記に記したような、いわゆるわかりやすい騒音や音漏れだけではなく、ご近所さんの生活音にお困り、お悩みになっているというご相談をお受けするようになりました。

など、昔はあまりなかった、ご近所との騒音トラブルが原因の事件も起こっています。

「家の音が漏れていないだろうか?」「ご近所トラブルになりはしないか?」「外の音が気になる」

ご近所とのトラブルになる前に防音対策をしたい!!
そして・・・「安心した生活」を送りたい。

また、ご近所とのトラブルだけでなく、ご家族にも音のお悩みを共感していただけないというお話しも何度となくお聞きしました。

ご近所の生活音の悩みをご家族に相談したところ 「気のせいじゃないの?」と家族にも共感してもらえない。そのせいでご家族との関係がギクシャクしたり、「私っておかしいのかしら?」と自暴自棄になってしまう方もいらっしゃいます。

本当にご近所の音にお困り、お悩みになっていらっしゃる方は多いです。

そんなお客さまも、防音ガラス・サッシの取り付け・交換を行われて「よかった」と安堵しておっしゃっていただく度に、窓の防音対策は本当に大切で重要なことだと実感しております。

お客さまの音のお困り、お悩みは解決できることだと思います。どうぞお気軽にご連絡いただければと思います。

>> 音のお困りごと、お悩み、防音対策についてお気軽にご相談ください。

お隣さんのエアコン室外機・エコキュートの音の悩みが急増

最近、「お隣さんのエアコン室外機の音が気になって寝られません!」というご相談が急増しています。

最近防音対策のご依頼の中で増えてまいりましたのが、「お隣さんのエアコン室外機や、エコキュート(室外給湯器)、浄化槽ポンプなどの音が気になる」というご相談です。

2016年2月28日の読売新聞朝刊記事でも、『家庭用省エネ機器が原因の低周波音 苦情相次ぐ』と紹介されておりました。

2016年2月28日の読売新聞朝刊記事で『家庭用省エネ機器が原因の低周波音 苦情相次ぐ』と紹介
2016年2月28日の読売新聞朝刊記事
(上画像をクリックすると記事詳細PDFが閲覧できます。)

エアコン室外機などは大体、お隣さんの境界線近くに置くものですので、自宅に一番に近いところに置かれることになります。

小高い丘の住宅などは、坂になっていますので、お隣さんの室外機の高さが、自宅の窓の高さだったりするので、余計に騒音が入ってくるのです。

またコンビニの室外機のご相談もよく受け付けております。

やはり、室外機の音が家の中に入ってくると「寝られません」。かといって、お隣さんやご近所さんとの関係もあってなかなか言えません。誰にも相談できません。

だったら我慢するしかないのでしょうか・・・?

いいえ、やっぱり人には「寝る権利」があると思います。静かに安心して眠りにつくことは人として最低限の権利だと思います。

お隣さんやご近所さんともめることなく、「寝る権利」を守る方法。内窓プラストと防音合わせガラスソノグラスで叶えられるかもしれません。

どうぞ、エアコン室外機や、エコキュート(室外給湯器)、浄化槽ポンプの騒音対策についてお気軽にご相談ください。

>> 内窓プラスト&防音合わせガラスソノグラスについてはこちら

「窓ガラス・サッシ」による正しい防音対策とは?

1. 音が出入りしている箇所はどこ?

防音対策においてまず必要なことは、音がどこから伝わっているのか?を知ることです。

1.壁・床・天井⇒気密性が高く防音対策が進んでいる 2.窓・サッシ⇒防音対策が遅れている、ほとんどされていない

このことから言えるのは、現代住宅において、音が伝わっている要因は、壁・床・天井よりも、実は、窓ガラス・サッシからなのかもしれません。

2. 窓ガラス・サッシに必要な防音対策とは?

窓ガラス・サッシの防音対策は、音がどのように伝わるのかに応じて対策することが必要です。

透過音:単板ガラス(一枚板のガラス)など、ガラス面をスルーしてくる音 隙間音:サッシなどの隙間から入ってくる音 伝導音:マンションなどの、建物を伝わってくる音

この中で、伝導音は、マンションなど集合住宅特有の音の伝わりかたで、この音を窓・サッシで防音対策することは不可能です。

透過音は、真空ガラスなどの防音ガラスに取り付け・交換するか、二重窓にすること、または内窓を取り付けることで対策できます。

隙間音は、サッシを取り付け・交換することや内窓を取り付けることで対策できます。

戸建住宅でも、マンションにおいても、ご自宅の窓を伝わる音には、透過音と隙間音の2つの防音対策が必要です。

>> 音のお困りごと、お悩み、防音対策についてお気軽にご相談ください。

「窓ガラス・サッシ」による防音対策の3つの方法とは?

窓ガラス・サッシによる防音対策の方法には3つの方法があります。

1.サッシはそのままで防音ガラスに取り換える

単板ガラス(一枚板のガラス)は音が直接スルーする(透過音)ので、ほとんど防音効果がありません。

そこで、2枚のガラスの間に特殊な膜や真空層をはさみこんだ防音効果のあるガラスに交換することで透過音を防ぐことができます。

また、このような2枚板の防音ガラスには、断熱効果もありますので結露の対策にも効果的です。

サッシはそのままで防音ガラスに取り換える
メリット
  • 工事が手軽
  • 今のサッシをそのまま使える
    (防音ガラスによっては使えない場合もあります)
  • 部屋の雰囲気はそのまま
デメリット
  • 隙間音は防げない
  • 防音ガラスは、2枚のガラスでできているので、
    開け閉めが従来より重く感じる
  • 費用は防音ガラスによってはそこそこ高価
  • マンションでは届け出が必要な場合もあり
防音ガラス ラインアップ
防音ガラスとしてオススメ!!真空ガラス「スペーシア」
真空ガラス「スペーシア」構造図

真空は音や熱の伝導を完璧に遮断します。

真空ガラス「スペーシア」は、2枚のガラスの間に薄い真空の層を作ることによって、防音や断熱効果を高めた窓ガラスです。

真空ガラス「スペーシア」は、6.2mmという薄さを実現することにより、いまお使いのサッシはそのままでガラス交換だけで済みます。

注:一部そのままでは取り付けられないサッシもございます。

>> 真空ガラス「スペーシア」お求めの際のポイント&導入事例はこちら

>> お客さまの声はこちら

防音合わせガラス「ソノグラス」
真空ガラス「スペーシア」構造図

防音合わせガラス「ソノグラス」は、2枚のガラスの間に特殊中間膜をはさみ込んだ合わせガラスです。

騒音によって起こる振動を熱に置き換え、音の波を消滅させる原理を用いて、音域全体を高度な遮音性能でカバーします。

>> 防音合わせガラス「ソノグラス」のお問い合わせはこちら

>> お客さまの声はこちら


2.防音サッシと防音ガラスに取り換える

防音ガラスの取り付け・交換は、透過音を防ぐことはできますが、隙間音は防げません。

そこで、窓ガラスと同時に、サッシも気密性を高めた防音サッシを取り付け・交換する
ことによって、透過音と隙間音の両方の防音対策に高い効果を発揮します。

防音サッシと防音ガラスに取り換える
メリット
  • 透過音(防音ガラス)と隙間音(防音サッシ)の
    両方の防音対策が可能
デメリット
  • 大規模な取り付け・交換工事が必要
  • 費用が高価
  • マンションでは届け出が必要(もしくは不可)

3.内窓(二重サッシ・二重窓)を取り付けて二重窓にする

内窓(二重サッシ・二重窓)は防音・断熱効果に優れた手段です

防音サッシと防音ガラスを取り付け・交換する方法は防音対策としては効果は高いですが、
コストが高くつきますし、マンションなどでは届け出が必要になってくる場合があります。
(窓の外側は共有部分になります。)

そこで、窓の内側のスペースに内窓(二重サッシ・二重窓)を取り付ける方法があります。

この方法により、既存の窓ガラス・サッシはそのままで二重窓にすることができ、割と手軽に、透過音と隙間音の両方の防音対策を高めることができます。

インナーサッシ(内窓)を取り付けて二重窓にする
メリット
  • 透過音(二重窓になる)と隙間音(インナーサッシ)の両方の防音対策が可能
  • 費用が選択可能
  • 今のサッシと窓ガラスはそのままで取り付け可能
  • マンションでも届け出無しで取り付け可能
デメリット
  • 二重窓になるので窓の開け閉めが面倒
  • 二重窓のスペースが必要

内窓(二重サッシ・二重窓)は、

  1. ピッタリ隙間なく収まる反発性のある樹脂製枠
  2. 気密性を持たせたサッシの可動部

を用いていますので、サッシだけでも防音効果があるのですが、

内窓として取り付けることで、外窓との間に空気層が生まれ、高い防音効果が期待できます。


また、防音性能のあるガラスに取り付け・交換することで、さらに高い防音効果が期待できます。

二重窓や、防音ガラスに取り付け・交換することは防音だけでなく、結露・断熱効果や防犯効果も期待できます。

内窓(二重サッシ・二重窓)は、費用もお客さまの要望に合わせて選択できますし、工事も短時間で終わります。

>> 音のお困りごと、お悩み、防音対策についてお気軽にご相談ください。

内窓プラストは防音効果に最も優れた内窓です。

大新工業の内窓プラストは防音効果に最も優れた内窓として大変人気が高い商品です。
サン・ウインド株式会社は、近畿地域の内窓プラストメーカー推奨施工店です。

プラストは最も優れた性能を発揮する内窓です!!アルミサッシのみの環境と比較して…冬場の窓の表面温度10℃上昇 結露63%減少 音響透過損失最大45dBカット

>> 内窓プラストの導入事例はこちら

>> お客さまの声はこちら

内窓プラストの断熱・防露効果

内窓プラストの断熱・防露効果【アルミサッシのみ】外気温2.8℃室温28.2℃ガラス表面温度16.9℃結露多い2.7【アルミサッシ+内窓プラスト】外気温2.6℃室温27.1℃ガラス表面温度26.6℃結露減少1。窓の表面温度10℃上昇

内窓プラストの防音効果

ブラストの防音効果【アルミサッシのみ】12db~33db⇒【アルミサッシ+内窓プラスト】32db~55db 音響透過損失最大40%減少 ※音響透過損失とは、遮音性能を表す数値です。値が大きいほど遮音性能が優れていることになります。

内窓プラストは、なぜ最高性能を発揮する内窓なのか?…その理由

枠が二重・スプリング付だから密着度が高い

プラストは枠部分が二重構造になっております。また、スプリングが付いているので、高い密着性を実現しました。

ゆがんだ窓枠でもしっかりフィット

ゆがんだ窓枠でもしっかりフィット

内窓プラストの工事では、窓サイズをきっちりと採寸してから、部材をカットして取付けます。

ですから、ゆがんだ窓枠でもしっかりとフィットいたします。

サン・ウインドではさらに、窓に内窓を取り付けスペースがない場合のオリジナルのふかし枠(下枠)取付け&下枠補強をご用意できます。お問い合わせください。

鍵がないのでスッキリ&さらに密着

鍵がないのでスッキリ&さらに密着

内窓プラストには鍵がありません。

一般の窓は、鍵で圧をかけて気密性を高ます。しかし、それだけ窓枠などに負荷が掛かってしまうことになります。

内窓プラストは鍵で圧をかけなくても十分な気密性を発揮いたしますので、見た目もスマートですし、開け閉めも楽にできます。

選択するガラスバリエーションが豊富。

内窓プラストは、12mmのガラスまで入れることができます。ガラスが厚いほど防音効果が高くなりますので、高い防音効果を求める方には最適の商品です。

しかし、ガラスが厚いと開け閉めが比較的重くなるというデメリットもあります。
お客さまが何を重要視されるかでベストな選択が変わってくると思いますので、お問い合わせください。

アタッチメントがなく、ガラス面積が広くとれる。

内窓プラストは、取付けアタッチメントが必要ありませんので、当然のことながら窓枠の内側にアタッチメント分の幅が発生しません。

ですから、内窓プラストなら、ご自宅の窓と同じガラス面積が広くとれます。
また、アタッチメントがないので、既存窓の鍵との干渉の心配がありません。

内窓プラストはビルの省エネ対策の手段として利用されています。

内窓プラストはこんなにビルのエネルギー削減に貢献します。

内窓プラスト。熱伝導率を抑える内窓プラストの構造によって空調に消費されるビル全体のエネルギーを大きく削減することができます。省エネとエコ活動は、より快適なカタチへ。設定温度26℃が設定温度22℃に。室内の温度差を解消し、快適な省エネを実現!重油消費量35%削減暖房費(重油ボイラー)¥921,000/年の削減。アルミサッシのみ推定40,800l/年⇒アルミサッシ+内窓プラストつ推定26,400l/年

内窓プラストは環境省本庁舎で採用されています。

環境省本庁舎で採用。内窓プラストは、その性能が評価され環境省本庁舎でもいち早く採用されています。窓の二重化をすることにより外が肌寒い日でもOA機器などから発生するわずかな熱だけでも部屋が暖まり暖房なしで過ごせるといった素晴らしい効果をあげています。内窓プラスト施工例:学校、オフィス、ホテル

>> 音のお困りごと、お悩み、内窓プラストによる防音対策についてお気軽にご相談ください。

内窓プラスト&防音合せガラスソノグラスの組み合せでさらに防音性能アップ!!

防音対策にオススメ!!遮音性能最強タッグ 防音合せガラスソノグラス12mm+内窓プラスト

防音合せガラスソノグラスってどんなガラス? 高断熱性能と遮音性能を同時に実現!! 防音合せガラスソノグラスは、2枚の板ガラス6mmの間に防音特殊中間膜をサンドした遮音性能に優れたガラスです。 1.高い断熱性能 断熱性能はJIS等級「H4」(最高等級)。 2.高い遮音性能 高断熱性能=気密性が高い=遮音性が高い。 ただし・・・開け閉めの少ない窓にオススメです ガラス重量は一般的な5mmガラスの2.4倍の30kg/1m2。普段開け閉めをしない窓にだけオススメします。

その差は歴然!!ソノグラス+プラストの遮音性能 外窓(1枚ガラス)+プラストサッシ(ソノグラス12mm)と外窓(1枚ガラスのみ)の周波数(H)ごとの音響透過損失(dB)音響透過損失の比較グラフ ※ 縦軸:音響透過損失の値が大きいほど遮音性能が優れていることになります。 ※ 横軸:周波数の値が小さいほど低い音、大きいほど高い音になります。

>> 内窓プラスト&防音ガラスソノグラスによる防音対策についてお気軽にご相談ください。

内窓の導入事例

内窓プラストの導入事例 滋賀県大津市 K様邸

【お客様宅の構造・設置箇所】

マンションの8F

 

【取り付け商品・サイズ・価格】

大信工業 内窓プラスト+防音合わせガラス6mm

子供部屋:小 W1319mm×H806mm ¥61700-
子供部屋:中 W1405mm×H982mm ¥83700-
書  斎:小 W1318mm×H1007mm ¥69700-

 

【お客様宅のご要望&ご感想】

ご主人と奥さまと息子さん(中学生?)の3人家族(?)のご家庭。

国道沿いのマンションで、部屋は8Fですが、それでもやはり車の走行音が気になるとのことで、内窓の工事をご依頼いただきました。

施工後は奥さまに確認をしていただきましたが、いつもしている車の走行音がしないので、静かになったと喜んでいらっしゃいました。

内窓プラストの導入事例滋賀県大津市K様邸ビフォー
施工前

↓

内窓プラストの導入事例滋賀県大津市K様邸アフター
内窓プラスト&防音合わせガラス6mmの導入事例 施工後

内窓プラストの導入事例滋賀県大津市K様邸ビフォー
施工前

↓

内窓プラストの導入事例滋賀県大津市K様邸アフター
内窓プラスト&防音合わせガラス6mmの導入事例 施工後

内窓プラストの導入事例 京都府舞鶴市 U様邸

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て リビングの掃き出し窓3箇所(すべて同サイズ)

 

【取り付け商品】

 

【お客様宅のご要望&ご感想】

2017/1のリピートのお客様。ご主人と奥さまの2人暮らしです。

今回は近隣の子供たちの遊ぶ声などの対策としてプラスト+ソノ12.8を採用いただきました。

付けた後に意外と圧迫感もなく、喜んでいただきました。効果のほどはまだわからない。

(施工後、家の周りが静かだったため)

内窓プラスト&防音合わせガラスの導入事例京都府舞鶴市U様邸ビフォー01
施工前

↓

内窓プラスト&防音合わせガラスの導入事例京都府舞鶴市U様邸アフター01
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

内窓プラスト&防音合わせガラスの導入事例施工前
施工前

↓

内窓プラスト&防音合わせガラスの導入事例京都府舞鶴市U様邸施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

内窓プラストの導入事例 兵庫県神戸市 D様邸

【お客様宅の構造・設置箇所】

マンション リビング

【取り付け商品】

【お客様宅のご要望&ご感想】

女性の 一人暮らしのお客様。

東京(マンション)から引っ越してきたとのこと。

前のマンションでも、プラスト+ソノ12.8を付けたいたので、新居でも使いたいというのが動機。

部屋の前がすぐ高速道路という事もあり、常に車の走行音が気になる環境。

当日は雨上がりという事もあり、車の走行音はいつもより大きかったですが、設置後はプラストを閉めた途端、その音がおさまり大変ご満足いただきました。

内窓プラスト&防音合わせガラスの導入事例兵庫県神戸市D様邸ビフォー
施工前

↓

内窓プラスト&防音合わせガラスの導入事例兵庫県神戸市D様邸アフター
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

内窓プラストの導入事例 京都市 W様邸

【お客様宅の構造・設置箇所】

マンション 寝室

【取り付け商品】

大信工業 内窓プラスト+防音合わせガラス12mm

【お客様宅の環境&ご要望&提案意図】

京都市内のかなり交通量の多い交差点のマンションの5Fの道路面の部屋。

寝室として使用されているそうですが、「結構な頻度で外の音がうるさくて寝られない。」とのことです。寝室として使えない状態で、昼間もまず利用されない部屋。慢性的に睡眠に障害がある状態だそうです。

お部屋にお伺いすると、やはり道路からの騒音がかなり気になる状態。

デザインに凝ったオシャレなコーナーの出窓で、網入りの単板ガラスが設置されておりました。

サッシの隙間から侵入して来る隙間音の対策には、気密性の高い内窓プラストで、

窓ガラスから透過して侵入して来る車走行音の中低音対策に効果的な防音合わせガラス12mmで対策。

加えて、機密性の高い空間を広く取ることによって防音効果を期待。出窓でこれだけ隙間があると防音対策には理想的なんです。

施工後は、「思っていたよりインテリアにマッチして嬉しいです」とおっしゃっていただきました。「朝までぐっすり眠れている。昼も夜も静かな空間ができた。」とのことです。

20151026プラスト導入事例京都市W様邸01

20151026プラスト導入事例京都市W様邸02

20151026プラスト導入事例京都市W様邸03

内窓プラストの導入事例 滋賀県大津市 H様邸

【お客様宅の構造・設置箇所】

戸建 リビング、洋室

【取り付け商品】

大信工業 内窓プラスト+防音合わせガラス12mm

【お様宅の環境&ご要望&提案意図】

公立高校のグラウンドから道路を挟んだ住宅。

特に野球部の部活練習の声が、部屋の中にまで入って来きて、その声が気になって平穏な生活が送れないとのことでした。

何度となく学校側と交渉するものの、練習の場所の変更程度で、抜本的な対策がなされないままだったそうです。

人の声でも野球の練習の声は少し異なります。吠えるような低音から、歓声に近い中音までの広い音域の対策をしなければなりません。

お宅の環境は、築30年ぐらいのハウスメーカーの家(プレハブ)で、機密性の低いサッシと3mmの薄いガラスなので防音性が低い状態でした。

音の聞こえる部屋の窓の防音対策を考え、気になる部屋の場所の防音対策を施しました。結果的にほとんどの窓を防音仕様の内窓で対策。

気密性を高める内窓プラストと、低音対策には、質量の重い防音合わせガラス12mm

の組み合わせで対応。重量があるので、しっかりとした窓枠補強も合わせた施工でした。

全く無音になった訳ではないけれど、かなり離れたところでの音に聞こえ、気になる度合いが少なくなったそうです。

20150606プラスト大津市H様邸01

20150606プラスト大津市H様邸02

20150606プラスト大津市H様邸03

20150606プラスト大津市H様邸04

20150606プラスト大津市H様邸05

20150606プラスト大津市H様邸06

20150606プラスト大津市H様邸07

>> その他の内窓の導入事例はこちら

>> お客さまの声はこちら

>> 音のお困りごと、お悩み、内窓による防音対策についてお気軽にご相談ください。

窓のプロとしての内窓(二重サッシ・二重窓)取付け調整ポイント

内窓(二重サッシ・二重窓)のプロの取付け調整ポイントは大きく分類すると次の5項目です。

  • 窓に取り付けスペースがない場合のふかし枠(下枠)取付け&下枠補強
  • 鍵の位置の微調整
  • 適切なガラスの選択
  • 和室の場合の敷居・鴨居の埋木
  • ご家庭の家族構成
窓に取り付けスペースがない場合のふかし枠(下枠)取付け&下枠補強

内窓(二重サッシ・二重窓)を取り付けるためには、窓枠に内窓(二重サッシ・二重窓)の取付けスペースが必要です。ご家庭によっては窓枠に内窓(二重サッシ・二重窓)の取付けスペースがない場合もございます。

その対応として、「ふかし枠」という下枠を取り付けることでスペースをつくることができます。しかし、内窓(二重サッシ・二重窓)の重みに下枠が耐えられないケースもございます。

そういった場合でもサン・ウインドではオリジナルの下枠補強の方法がありますので、大抵のご家庭の窓枠に内窓(二重サッシ・二重窓)を取り付けることが可能です。

鍵の位置の微調整

お客さまのご自宅の既存の窓についている鍵の位置や大きさはまちまちです。
内窓(二重サッシ・二重窓)の元々の状態では、鍵があたってしまう事があります。

ですので、既存窓の鍵の位置に当たらないように、内窓(二重サッシ・二重窓)側の鍵の位置をずらす「変芯」という作業を行わなければならないことがあります。

※ 内窓プラストには鍵がございませんのでこの作業は必要ありません。

適切なガラスの選択

内窓(二重サッシ・二重窓)を取り付けることで得たい暮らしの快適さ、幸せはお客さまごとに違うと思います。

断熱・結露対策をしたいのか?防音対策をしたいのか?防犯対策をしたいのか?それによってプロによる適切なガラスの選択が必要になってきます。

和室の場合の敷居・鴨居の埋木

和室の場合、窓に紙障子が入っていることが多いです。その障子の敷居・鴨居のレールにそのまま内窓(インナーサッシ)を取り付ける業者さんもいるようです。

しっかりと内窓(二重サッシ・二重窓)の機能を待たせるためには、敷居・鴨居のレールを木で埋めたり、板を渡したりして、取り付けの場所をフラットな状態にする必要があるのです。

ご家庭の家族構成

お子さんや女性、お年寄りなどご家族の家族構成によって身長や力などはまちまちです。
内窓(二重サッシ・二重窓)の開け閉めや鍵の位置はそのことを考えなければなりません。

内窓(二重サッシ・二重窓)の機能を持たせることと、鍵の位置や、窓の重さ、動きの滑らかさ等のバランスを考えて取り付けることが必要です。

>> 音のお困りごと、お悩み、防音対策についてお気軽にご相談ください。

思った防音効果を実現していただくために・・・

効果のある防音対策のために防音ガラス・サッシの取り付け・交換、防音リフォーム、防音工事を検討されていると思います。

その際に、こんな疑問をお持ちになられたと思います。

●うちには一体どの防音ガラス・サッシがベストなのだろうか? ●工事にはどのくらい費用がかかるのだろうか? ●一体どこに頼むのが良いのだろうか?

インターネットなどで色々とお調べになって、ある程度のお客さまなりの「こうだろうな?」を推測されたのかもしれません。

そして、何店かの工務店さん、リフォーム業者さん、ハウスメーカーさんなどに見積もり・お問い合わせをご依頼されることが多いと思います。

見積もり・お問い合わせをする前に、まず知っておかなければならないことがあります

1. 防音ガラス・サッシの取り付け・交換はどこに依頼すればいいのか?

工務店さん、リフォーム業者さん、ハウスメーカーさんの多くは直接、防音ガラス・サッシの取り付け・交換工事を行いません。

下請けの窓ガラス・サッシ業者さんに委託されていることが多いですので・・・

せっかく、期待して依頼したのに・・・

結局、お客さまの疑問には明確に答えてはもらえないまま、防音ガラス・サッシの取り付け・交換工事の契約をしてしまう。

これらのことを考慮すると、防音ガラス・サッシの取り付け・交換を行われる際には、窓ガラス・サッシ専門業者さんに頼まれるのも一つの方法かもしれません。

窓ガラス・サッシ専門業者に取り付け・交換リフォームを依頼するメリット

●直接請け負いますので中間マージンが掛かりません。 ●問題が起きたときなど、電話一本で飛んでいきます。 ●お困りごとへの明確な回答をその場でできます。

2. 防音ガラス・サッシをご利用になる際に一番重要なことは?

防音ガラス・サッシの取り付け・交換を依頼されるときに最も重要なことは、お客さまご自身で納得された上で、お求めになるべきだということです。

お客さまごとに防音対策への要望は様々だと思います。 ●どのくらい音の漏れを防ぎたいのか? ●どのくらいの費用を掛けたいのか?

直接、窓ガラス・サッシ専門業者さんに防音リフォーム・防音ガラス・サッシの取り付け・交換工事をご依頼される場合は、お持ちになっている要望や疑問を、業者さんにどんどん質問・確認されてください。

良い業者さんは丁寧に教えてくれると思います。

もしも明確な答えが得られなかったり、わからなかった場合には、その時点では防音ガラス・サッシの取り付け・交換をされない方が良いと思います。

お客さまに合った正しい防音対策を見つけるには?

防音対策の案内人・・・窓ガラス・サッシのコンシェルジュ

サン・ウインドでは、お客さまの判断の基準となる製品選びのポイントや製品の知識など、お客さまの判断に必要な情報をすべて提供することが仕事だと考えています。

窓ガラス・サッシのコンシェルジュとして窓ガラス・サッシの防音対策の選択肢を提供し、

1.お客さまの要望をお聴きし、お客さまのケースに合った防音対策を解説 2.その防音対策に適したいくつかの防音ガラス・サッシの提案 3.防音ガラス・サッシの提案それぞれに掛かる費用の算出

そして、お客さん自身の判断で、納得された上で、防音ガラス・サッシの取り付け・交換を行っていただくことを望んでいます。 

お客さまのご自宅の防音診断

サン・ウインドではご自宅へお伺いしての「あなたの家の防音診断」を行っております。 ご興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

1.お客さまのご自宅を調べ、お客さまのご要望をお聴きします 2.お客さまのご自宅にあった防音対策の選択肢を提案します 3.お客さまが納得された場合にのみ、防音対策をご利用いただきます

防音診断キット3点セット

サン・ウインドの防音診断では、以下の防音診断キットを用いて、お客さまに音の出入りの仕組みを体感していただいています。

1.音の大きさが数値的に見ていただくための ⇒ 騒音計2.窓からの透過音と、壁からの伝導音を体感していただくための ⇒ 機械用聴診器 3.サッシの隙間からの隙間音を体感していただくための ⇒ ガラスボール

まずは、お客さまのご要望を相談されて、お客さまのご自宅のケースに合った防音対策を知ってください。

>> 音のお困りごと、お悩み、防音対策についてお気軽にご相談ください。

近畿一円サポートいたします。サン・ウインドにご相談ください。

サービスエリアマップ

京都府

宇治市、京都市、 久御山町、八幡市、 宇治田原町、 城陽市、京田辺市、 長岡京市、向日市、 大山崎町、亀岡市、 井手町、木津川市、 精華町、和束町、 笠置町、南山城村、南丹市(南部)

大阪府

枚方市、寝屋川市、 交野市、高槻市、 島本町、摂津市、 茨木市、吹田市、 豊中市、箕面市、 池田市、豊能町、 能勢町、大阪市、 門真市、守口市、 四條畷市、大東市、 東大阪市、八尾市 松原市、藤井寺市、 柏原市、羽曳野市、 堺市、高石市、 泉大津市、忠岡町、 和泉市、岸和田市、 貝塚市、熊取町、 泉佐野市、田尻町、 泉南市、阪南市、 岬町、富田林市、 大阪狭山市、 太子町、河南町、 千早赤阪村、 河内長野市

滋賀県

大津市、草津市、 栗東市、湖南市、 守山市、野州市、 竜王町、近江八幡市、 甲賀市、日野町、 東近江市、愛荘町、 豊郷町、甲良町、 多賀町、彦根市、 米原市、高島市

奈良県

奈良市、生駒市、 大和郡山市、 天理市、桜井市、 平群町、斑鳩町、 三郷町、安堵町、 王寺町、上牧町、 川西町、三宅町、 河合町、田原本町、 広陵町、 香芝市、葛城市、 御所市、 大和高田市、 橿原市、明日香村、 高取町、大淀町

兵庫県

尼崎市、伊丹市、 宝塚市、西宮市、 川西市、猪名川町、 芦屋市、神戸市、 篠山市、三田市、 三木市、稲美町 明石市、播磨町、 加古川市、高砂市

サービスご利用の流れ

サービスエリアマップ

お問い合わせ・お見積りはお気軽にどうぞ

△ このページのトップに戻る

△ ホームに戻る

サン・ウインドのお問い合わせ
新築や住宅改修の補助金制度について
TV・新聞メディア紹介

サービスメニュー

サービスについて

会社情報